ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

早朝から始めたら・・・

a0107341_15251437.jpg
昨日の倍釣れた。とにかく、この時期にすればサイズが良い(22センチ前後)し丸々太っている。朝10時頃から3時間程の釣り、早朝から始めたらこの倍は釣れるかも。


# by kuroebisu | 2018-04-21 15:41 | 釣行記(キス)

しばらく

a0107341_15062254.jpg
22センチ前後が7本。ビッグサイズに驚いた。20センチ以下はいなかった。ここはとてもマイナーなポイント、アタリハズレが大きいから年に数回しか投げない。全て4色でのヒットだったが、このサイズだとアタリはプルプルではなくガツンガツンと竿先を叩く。しばらく独り占めしよう。


# by kuroebisu | 2018-04-20 15:27 | 釣行記(キス)

すべて美味しい

a0107341_18475952.jpg
主がいなくなった住家はしばらく空き家になるそうだ。そこで今日は釣り場を変えての穴釣り。穴釣り人口は少ないのでまだ荒らされてない?穴場は無数にある。やはりキビナゴよりもゴカイの方がヒット率が高い。ワームはイマイチ。
いつ舞い込んでくるかも知らないエサを海底の岩場の隙間でジーッと待ち続けるのは大変だろうに。なんか愛おしくなる。
小は空揚げで中は煮付けや味噌汁、大は刺身で食べる。すべて美味しい。


# by kuroebisu | 2018-04-19 19:13 | 釣行記 ROCK FISH

ARAKABU

a0107341_18015047.jpg
最近「穴釣り」にハマっている。ターゲットはARAKABU。頻繁にアタリがあるので面白い。
アラカブは一度に1万個の卵を産むとか。根魚の世界には乏しかったので一通りPCで勉強?した。
仕掛けはブラクリを使いエサはキビナゴかゴカイかワーム。キビナゴが一番喰い付きが良いがキンギョなどのエサ取りにも喰われてしまう。ゴカイだと(ほとんど)アラカブのみが喰いつき、しかも確実にフッキングする。
a0107341_18012805.jpg
ウワサには聞いていたけど、アラカブ釣りってこんなに釣れるもんなのだろうか。それともマグレ?
一心不乱、ひたすら集中できるところが良い。


# by kuroebisu | 2018-04-16 18:36

特に不満は

a0107341_17592843.jpg
キスがいよいよシーズン・インしたようだ。
先日の残りエサで1時間程釣ってみた。引いては止め、引いては止めを繰り返した。ジワジワ引くのではなくサーッと引いた方にアタリは多かった。例年のこの時期に比べるとサイズも18センチ前後で揃っていて特に不満はない。


# by kuroebisu | 2018-04-12 18:13 | 釣行記(キス)

穴釣り

a0107341_17455991.jpg
今日はキスはオマケ。初めて「穴釣り」に挑戦。市販のブラクリやオリジナルの仕掛けを準備。ハリにキビナゴを付けて足元のテトラの穴や隙間に投げ入れる。流れがあるのでなかなかうまく入らない。テトラの穴、上から見たら浅そうに見えるが仕掛けを垂らしてみると結構深い。驚いたことにどの穴も仕掛けが底に着くや否やすぐにピピピのアタリがくる。しかし、アワセのタイミングが取れず、なかなかヒットしない。そのうちコツをつかめるだろう、と安易に考えていたが・・・とうとう最後までコツをつかめなかった。
a0107341_17454358.jpg
結局、「穴釣り」初日の今日はミニミニアラカブ4尾。磯釣りやサーフ釣りのような迫力や醍醐味こそないが、一心不乱、集中できるところが「穴釣り」の魅力だと思った。


# by kuroebisu | 2018-04-05 18:52 | 釣行記(キス)

早春ギス

今朝の毎日新聞。掲載VOl.11

a0107341_16384446.jpg
(記事全文)季節は一気に春めいてきた。早春の海、今年もまたキス釣りのシーズンが始まろうとしている。南九州市の高取海岸のキスは全体的に黒っぽいのでシロギスならぬクロギスと呼ばれることもある。浜砂に大量に含まれる砂鉄の色が反映されたものと思われる。それゆえにキス特有のパープルゾーンがうっとりするくらい鮮やかに輝く。三月十六日、早春ギスを求めて高取海岸に釣行。迷うことなくいつもの気になるポイントに向かった。まず仕掛けを正面5色ゾーンに投入してリーリングしていくと3色ゾーンで、か細いがプルプルとキスの確かなアタリがあり1尾ゲット。しかし、その後はまったく反応無し。キス釣りは見切りが大切だ。すぐさま次の気になるエリアに急いだ。ところがここでもまったく反応が無かったので一帯を探り歩くことにした。そうこうしているうちに干潮が近づき沖の深場がはっきりしてきた。さっそく深場めがけて仕掛けを投入すると、1投目でいきなり2尾、2投目で3尾、3投目で3尾とちょっとした入れ食いになった。満潮時には散在していたキスが干潮になり深場に集合したみたいだ。結局この日の釣果は18センチ前後が29尾とこの時期にしては上出来。例年のことだが、早春ギスは一年ぶりの懐かしさとフレッシュな魚体の美しさに心打たれるものがある。今後、南九州のキス釣りは盛期の夏に向かってサイズも数もアップしていく。地元の釣具店やネットで情報を集めてから釣行した方が賢い。


# by kuroebisu | 2018-03-30 16:45 | RECORDS