ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

カテゴリ:profile( 3 )

秋になり南薩の海岸は

今朝の毎日新聞 VOL.14

a0107341_09232001.jpg
(記事全文)秋になり南薩の海岸は今年も青物釣りで賑わっている。青物を釣るには、ジギング・サーフトローリング・餌釣り等があるが、ターゲットを青物だけに絞るならばサーフトローリングが断然有利だ。サーフトローリングには「弓角(ゆみづの)」を使う。弓角は形状が「く」の字に曲がっていて仕掛けを引くとクルクル回転しベイトを演出する。これに青物が飛びつくのだ。9月27日の早朝、南九州市の頴娃海岸で青物を狙った。台風が接近中だったが追い風のためベタ凪に近かった。投げ始めて3投目で最初のアタリがあった。海底をグイグイと走り回り波際では大暴れした。姿を見せたのは48センチ程のサゴシ。群れで潜伏していたらしくその後暫く入れ食いになった。サゴシが去るとアタリが途絶えたので周辺を探り歩いた。すると移動方向の先に小さなボイルを発見。波際に近かったのでメッキだと判断し、急いでボイルの正面まで駆け寄りボイルより20メートル程先に投げ込みリーリングを始めた。すると仕掛けがボイルの中央に入った瞬間一発目のアタリがありさらにナブラ通過後に二発目のアタリがあった。ダブルヒットだ。フックから外したメッキはそのまま砂浜の奥に投げ置いて後でまとめて回収することにした。やがてメッキの入れ食いも半時程で終了した。結果50センチ前後のサゴシ7尾と23センチ前後のメッキ8尾。ほぼ完璧だった手返しから考えるとおよそ2時間程の釣果としてはこれが限界か。今後はネイゴやイナダも期待したい。(浜村建夫)


by kuroebisu | 2018-10-19 09:33 | profile

ヘラ

a0107341_22011886.jpg私の釣りの原点はヘラ鮒だ。
写真は琵琶湖。
当時はチャラチャラ?のミュージシャン。バンド仲間のO氏にヘラを教わって以来どっぷりハマった。
ヘラはとても繊細な釣りでウキの感度をより高めるために竿先を水中に沈めて釣る。 ハリは2本付ける。上がバラケで下がクワセ。殊に寒ベラはアタリが微妙で集中力を要する。
釣ったヘラはビク(スカリ)に入れておくが、釣り終了時にはすべてリリースするのがルール。ハリはスレバリでカエシがないのでフナへのダメージは少ない。お持ち帰り(おみやげ)の無い釣りだが、とても奥が深くて海釣りとはまた異質の感動がある。
いつの日かまたヘラをやってみたい!そのために道具一式は大事にしまってある。


by kuroebisu | 2016-07-15 22:21 | profile

薩摩半島独り占め総括




海が荒れていたので動画を制作してみた。
クロエビス薩摩半島独り占め総括①」
ここ数年間の印象に残った釣果をランダムに並べてみた。
1枚1枚にドラマがあり反響もあった。
今後もさらに研鑽を重ねて究極を目指したい。

ミュージックは私の長男のグループ(jazz系)のもので、一昨年リリースしたCDの中から無断でコピーしたものです。


by kuroebisu | 2015-10-03 16:13 | profile