人気ブログランキング |
ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

バクダン仕掛けで・・・

毎日新聞 VOL.15
a0107341_20290319.jpg
今季の寒グロはシーズンインしてもなかなか現れず随分と気を揉んだ。日毎に寒が入り、徐々に水温が低下するとさすがにあちこちから釣果が聞かれるようになったがそれでも例年ほどではない。1月2日、南九州市の番所鼻(ばんしょばな)。当日は「バクダン仕掛け」でのスプリング遠投で寒グロを狙った。バクダン仕掛けとはクロの好むパン粉とアミをこねて固めたダンゴの中に複数(普通6本)の針を埋め込むもの。ダンゴは海中でゆっくりバラけて撒き餌となり周辺の魚を寄せ、最終的に埋め込んだ針に魚の口が触れる仕組みだ。かご遠投では1投目のウキの動きで潮の流れを読まなきゃならない。ウキは最初左方向に流れていたが途中から沖に向かって流れ出した。潮目だ。2投目からは潮目に撒き餌が集まるようにその周辺に間髪容れず投げ続けた。すると半時も経たない内に最初のアタリがあった。ウキが上下に数回揺れた直後にスッと海中に消えたのでクロだと直感した。クロは比較的やり取りのし易い魚だがそれでも波際では大暴れした。寄せ波に乗せて引き摺り上げたのは1.2キロ程の良型寒グロだった。しばらくして同サイズ、納竿寸前に足裏をゲットした。恐るべしバクダン仕掛け。途中イスズミやサンノジなどの定番外道も釣れた。なお、かご天秤の代わりにスプリングを使用すれば仕掛けをより遠くにより正確に投入できる。長いハリスもスプリングに巻き取ればほとんど絡むことはない。南薩の寒グロ釣りは例年春先まで続く。(浜村建夫)


by kuroebisu | 2019-01-18 20:51 | RECORDS
<< 引きずり出す コンパクトにまとめた方が良い >>