ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

Sトロ 絡みの解消

a0107341_17260470.jpg
サーフトローリング。「リーダーラインの絡みの原因と対処法」を考え続けてきた。メーカーにも問い合わせてみたが低レベルの返答しかなかった。
最近(何で気付かんかったんやろ、こんな簡単な事。)と閃いたことがあった。
注目はアームのジョイント部分。すべてのトレーナーが画像左のジェット天秤のアームのようにジョイント部分が180度回転する。おそらくこれが絡むことの原因。落下中に道糸とリーダーラインは一定の間隔が無いと絡むのは必然だ。
【対処法】ジョイント部分にゴム管またはビニールチューブを装着するとアームはほとんど直角以上は開かない。これはまさにキスのL字天秤の理屈だ。
【テスト】今日50回くらい投げてみた。完璧とはいかなかったが今までよりかなり改善された。
また絡みやすいその他の原因も分かった。〇向かい風には絡みやすい。〇リーダーラインにつなぎ目があると絡みやすい。

いよいよサーフトローリングのシーズン。投げまくりましょう!


by kuroebisu | 2017-08-26 18:19 | KODAWARI Sトロ
<< 必ず先客が 花熟里の浜 >>