ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

沈んだ

a0107341_17505020.jpg
やはり喰いが悪い。水温が低過ぎるのだ。推定15・6℃くらい。それでも陽が上るに連れてちょっとは水温も上がるかな、と思った。案の定、初めてウキが沈んだ。ただ、沈んでも次のアクションがないのだ。待ち切れず合わせてみた。やり取りもなくすんなり上がってきたのはブダイ(500グラム)だった。
a0107341_17512022.jpg
ど干潮に近づき、(今日もダメだったか。。。)とすでに退散モードに入っていた。
ぼんやりウキを見ていると・・・沈んだ!同時に竿先が大きくスイングした。やり取りもそれなりで上がってきたのは久しぶりの寒グロ(1.2キロくらい)で歓喜した。
やはりあきらめたらあかんなぁ。


# by kuroebisu | 2018-02-18 18:33 | 釣行記(磯)

安定すれば

a0107341_18124253.jpg
「行かなきゃ釣れないよ」→「行っても釣れないよ」
それでも久しぶりに海が凪いだので一応行ってみた。
いきなり目前の海面に浮かんできたのは大きなウミガメ。(あ~~~絶望的!)
ヒットは3回。1・3回目がイスズミ(同型800グラム、リリース)。2回目がバカデカヘダイで2キロ近くあった。(こんな大きいの釣れんでいいのに・・・)現場で捌いたらお腹は卵と脂でいっぱいだった。
全てのヒット、ウキは沈んだなりで竿まで反応しなかった。積極的な喰い気はまるでなし、とみた。ただ、ヒット後の大暴れはいつも以上。
低水温もそのまま安定すればなんとかイケそうな気もした。


# by kuroebisu | 2018-02-08 18:44 | 釣行記(磯)

お手上げ~~~!



寒波襲来で釣り自体ができなくなった。これほど面白くないことはない。無理して釣行しても確率は限りなくゼロに近いのだ。
海水温度が低過ぎるとほとんどの魚が休眠する、とか。休眠中はエネルギーを消耗しないので食事(エサ)を取る必要がない、とか。お手上げ~~~!
動画は「明日があるさ」by GOOSE HOUSE。このグループ、お気に入りで元気をもらっている。そのうちブレイクするのでは・・・


# by kuroebisu | 2018-02-06 18:24

長島

a0107341_21434849.jpg
さつま島美人」の島、長島に行って来た。早速島内の数カ所の漁港を偵察?した。目前に島があるため北西の季節風の影響はほとんどなくまあまあのコンディション。にもかかわらず私が接した釣り人(ルアー、カゴ遠投、イカ)に釣果は無かった。やはり、釣れん時はどこも一緒、だ。
a0107341_21440802.jpg
昼食に「海峡アジ」なるものを求めたが水揚げが無く、長島ブランドとして売り出し中?の「萬サバ」を食べた。「これがサバか!」と思うくらい極旨。帰宅してネットで調べたら・・・流れの早い長島海峡で2~300グラムの子サバを捕獲し5~700グラムまで独自のエサで養殖したものだそうだ。う~~ん、そこまでやるか。
もしそのことが前もって分かっていたら・・・気持ちは複雑だ。


# by kuroebisu | 2018-01-30 22:40 | FAMILY

鎌倉物語



釣りが不調なので久しぶりに映画鑑賞。
鎌倉物語」(堺雅人・高畑充希・堤真一・・・)
面白かった。ちょっぴり感動も。
原作が「ALLWAYS三丁目の夕日」の西岸良平、監督も同じく山崎貴。
鎌倉では魔物や幽霊や妖怪、神や仏がごくあたりまえに暮らしている。丑三つ時。江ノ電、鎌倉発はその日の死者を乗せて黄泉(ヨミ)の国へ旅立つ。
やっぱり映画は映画館で見なくちゃ。TOHOシネマズ、今日は珍しいことにごった返していた。
誰かが言っていた。「形に残らないものに投資することこそ究極の贅沢」だと。


# by kuroebisu | 2018-01-28 22:11 | FAMILY

桜エビ

a0107341_18371609.jpg
21日、大隅半島の古江(鹿屋)港に立ち寄った。漁協の揚場でおば(あ)ちゃん達が桜エビの選別作業をしていた。桜エビは駿河湾だけのものと思っていたが、錦江湾でもけっこう取れるそうだ。
味見させてもらったら甘くて美味しかったので仮設の販売所でたくさん買って帰った。夜、刺身と掻き揚げにしたら酒のアテにもってこいで・・・。


# by kuroebisu | 2018-01-23 19:03 | FAMILY

越冬ギス in 響灘

a0107341_21133740.jpg
大分在住の釣り友Tさんからの越冬ギスのご報告です。Tさんは某県水産試験場長を退任され現在大分県の山奥?に住まわれて自由奔放な生活を送ってらっしゃるとってもダンディーな先輩です。
以下、Tさんのご報告です。
さて、小生は大分の雪山を下りて、下関市にある家内の実家へ遊びに行っておりましたが、冬場には珍しいぐらい超ベタ凪の日本海(響灘:ひびきなだ)を目にし、本日(20日)早朝のひと時、寒のキスを狙って小さなゴロタ浜のピンポイントを攻めてみました。モゾッ。コツ。小さなアタリをスッと合わせると、「やっぱり居た、居た!」。18~22cm級の小ぶりばかりですが、1尾ずつ丁寧に掛けは取り込み、2時間ほどで18尾の釣果を得ました。 干底の釣りながら、久しぶりだからか、歓迎してくれたようです。また来週から猛寒波が来るとのことですが、大シケになる直前のひととき、パールピンクのキレイなお魚と遊んできた次第であります。まずはご報告まで。



# by kuroebisu | 2018-01-21 21:48 | 釣り友釣果