ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

瞬時に無くなる

a0107341_15265435.jpg

スマガツオの刺身。食感はまるでマグロの中トロ。皮と身の間に(白い部分)がぎっしりすき込まれている。かなり美味しいので二人で食べても瞬時に無くなる。


# by kuroebisu | 2017-10-28 15:43 | COOKING

植え付け完了

a0107341_16282826.jpg
家庭菜園。秋~冬の植え付け完了!先日からコツコツ狭い狭い土地にレタス・ブロッコリー・キャベツ・白菜・・・など全12種を植え付けた。もう1面ある菜園は秋じゃがとニンニクが占有している。農業も釣りといっしょで経験と研究を重ねると失敗の数が減ってきた。


# by kuroebisu | 2017-10-27 16:41 | FAMILY

スマんのう

a0107341_11081926.jpg
ISOトロ。天気が良く風も北から(追い風)でベタ凪だったので期待は薄かったのだが・・・。やはりシーズン最中、スタートして20分後くらいに強いアタリがあった。強烈な引き込みでドラグがジージーうなった。今日もまたまたスマんのう。1本ゲットしたら十分なんだが、まだ始めたばっかりで帰るわけにはいかないのでそのまま続けると・・・。2本目が、スマたい。(こりゃ、冷蔵庫に入らんぞ)早々に切りやめて家に帰り解体?して真空チルドルームに押し込んだ。


# by kuroebisu | 2017-10-25 11:40 | 釣行記SURF TROLLING

磯トロ

a0107341_14310838.jpg
磯トロ。満潮を挟んで投げてみた。5投目くらいで30センチくらいの〇ソーダが喰ってきた。〇ソーダは血合いだらけで不味いので申し訳ないけどリリース。ダツの群れが入っていてカチカチと弓角に喰いつこうとしているが何故かフッキングしない。それでもアタリがあるだけでもマシ、と投げていると強いアタリがあった。今季最強の引きでやりとりも強烈。一瞬ブリかな、と思ったが上がってきたのはスマガツオだった。ほぼ50センチ、2キロ弱。ところがその後に凄いドラマが・・・今季最大のアタリがあったのだがとても太刀打ちできず仕掛けごともっていかれた。まだまだ未熟。
磯トロにハマりそうだ。
*スマガツオの特徴・・・お腹に黒い斑点模様がある。


# by kuroebisu | 2017-10-24 15:25 | 釣行記SURF TROLLING

台風一過

a0107341_16004046.jpg
台風一過。久しぶりに晴れ渡り清々しい一日となった。
車で走っていると、実をいっぱい付けたの木が目に飛び込んで来た。なんと鮮やか!最近は滅多なことでは感動しなくなったが久しぶりに心を奪われた。スゴイな!よりもそれ以上に懐かしいなぁ!と感じた。子供の頃はあちこちで見た秋の風景だった。1個だけ失敬(ドロボー)してかじってみたらやっぱり渋柿だった。


# by kuroebisu | 2017-10-23 16:26

おかしい!

a0107341_14374289.jpg

おかしい!
サカナがいなくなった。
台風接近にもかかわらず北の風(追い風)のため程良い波立ちでいかなる釣りにもベストのハズだったが・・・
早朝Sトロが完敗。それじゃあ磯釣りへ、と久しぶりの磯だったが2時間も投げたのにエサ盗りすら現れなかった。確かに水温はまだ高い。が、高いなりに何かおっても良さそうなのに・・・。
磯釣りファンの皆さんへ
今年も昨年同様遅れています。なんせサカナの気配が全く無いです。本格的に寒くならないとクロは難しいでしょう。


# by kuroebisu | 2017-10-20 15:08

スマガツオ(記事)

毎日新聞10月13日(金)掲載。
7回目の執筆はサーフトローリング。

a0107341_10170242.jpg
(全文)南薩ではサーフトローリングがブレイク中だ。サーフトローリングとは「弓角」という疑似餌の一種を使い沿岸を回遊する小・中型の青物を陸から狙うシンプルながらもとてもエキサイティングな釣りである。9月25日、釣り場は南九州市の頴娃海岸。この釣りは遠投してただ巻き取るだけで、アクション不要のいたって簡単な釣りだ。ポイントは河口や排水口周辺はもちろんだが、一番の決め手は海面上に時折発生するナブラやボイルである。それゆえ海面の遠近左右を常に注視し続けていなければならない。先日の釣行でサバやサゴシなどがたくさん釣れたので余裕綽々で臨んでいたがこの日はナブラもボイルも発生せずに海面はひっそり静まりかえっていた。それでもシーズン真っ只中である。満潮近くになると突然強烈なアタリがあった。前もってリールのドラグを微妙に緩めてあったのでアタリ切れすることなく完璧にフッキングした。ラインのテンションを保ちながら丁寧にやりとりし波際に引きずり上げると、なんと珍しい「スマガツオ」(47センチ、1.8キロ)だった。ほどなく2本目(同型)も上がった。この日はこの2本のみだったがスマガツオの強烈な引きを存分に堪能できたので一日がルンルン気分だった。スマガツオは刺身と漬け丼でいただいたが、カツオながらもその食味はマグロにそっくりでかなり美味しかった。南薩のサーフトローリングは初冬まで続き今後はカンパチ・イナダがメインとなる。(浜村建夫)


# by kuroebisu | 2017-10-16 10:31 | RECORDS