ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

おかしい!

a0107341_14374289.jpg

おかしい!
サカナがいなくなった。
台風接近にもかかわらず北の風(追い風)のため程良い波立ちでいかなる釣りにもベストのハズだったが・・・
早朝Sトロが完敗。それじゃあ磯釣りへ、と久しぶりの磯だったが2時間も投げたのにエサ盗りすら現れなかった。確かに水温はまだ高い。が、高いなりに何かおっても良さそうなのに・・・。
磯釣りファンの皆さんへ
今年も昨年同様遅れています。なんせサカナの気配が全く無いです。本格的に寒くならないとクロは難しいでしょう。


# by kuroebisu | 2017-10-20 15:08

スマガツオ(記事)

毎日新聞10月13日(金)掲載。
7回目の執筆はサーフトローリング。

a0107341_10170242.jpg
(全文)南薩ではサーフトローリングがブレイク中だ。サーフトローリングとは「弓角」という疑似餌の一種を使い沿岸を回遊する小・中型の青物を陸から狙うシンプルながらもとてもエキサイティングな釣りである。9月25日、釣り場は南九州市の頴娃海岸。この釣りは遠投してただ巻き取るだけで、アクション不要のいたって簡単な釣りだ。ポイントは河口や排水口周辺はもちろんだが、一番の決め手は海面上に時折発生するナブラやボイルである。それゆえ海面の遠近左右を常に注視し続けていなければならない。先日の釣行でサバやサゴシなどがたくさん釣れたので余裕綽々で臨んでいたがこの日はナブラもボイルも発生せずに海面はひっそり静まりかえっていた。それでもシーズン真っ只中である。満潮近くになると突然強烈なアタリがあった。前もってリールのドラグを微妙に緩めてあったのでアタリ切れすることなく完璧にフッキングした。ラインのテンションを保ちながら丁寧にやりとりし波際に引きずり上げると、なんと珍しい「スマガツオ」(47センチ、1.8キロ)だった。ほどなく2本目(同型)も上がった。この日はこの2本のみだったがスマガツオの強烈な引きを存分に堪能できたので一日がルンルン気分だった。スマガツオは刺身と漬け丼でいただいたが、カツオながらもその食味はマグロにそっくりでかなり美味しかった。南薩のサーフトローリングは初冬まで続き今後はカンパチ・イナダがメインとなる。(浜村建夫)


# by kuroebisu | 2017-10-16 10:31 | RECORDS

病気かも

a0107341_11500737.jpg
いつ時であれ満潮が近づくと体がうずき出し海を覗きたくなる。投げるつもりはなくても。(病気かもしれない)
昨日同様カンカン照りでべた凪。ところがほんの一時だったが雲が太陽を遮った時、いけそうな気が起こった。やっぱり投げてみることにした。・・・投げてみて良かった。サゴシ58センチ、サワラと呼んでも良いかな。


# by kuroebisu | 2017-10-10 12:09 | 釣行記SURF TROLLING

信じる者は

a0107341_19574230.jpg
早朝Sトロが全くの不発。帰宅して朝食を食べエリアを替え本日第2ラウンド。(何としても、何でもいいからヒットを楽しみたい。)このところ晴天続きのべた凪が続いているためか全く青モンの気配を感じなかった。ただ、マグレもある。マグレとの出会いを信じて投げて投げて投げまくった。「信じる者は救われる
ネイゴ。44センチ・1.3キロ。


# by kuroebisu | 2017-10-09 20:26 | 釣行記SURF TROLLING

リーダーラインの絡みはほとんど無くなります

a0107341_15194024.jpg
(Sトロ) こうすればリーダーラインの絡みはほとんど無くなります。
ゴム管→正式名称は夜光ウキゴム(内径2mm)
アームとアームの接続部(ジョイント部)にゴム管をはめるとアームが直角以上は開かないので飛行中及び沈降中に道糸と一定の間隔ができるので絡みが激減されます。(実釣より)
ただ、ゴム管をジョイント部まで通すのが難題でしたが画像のようにタコ糸石鹸を使ったらわりと簡単でした。
*数回釣行すればゴム管は劣化するのでそのたびに交換しましょう。
以上、クロエビスの自論。参考までに。


# by kuroebisu | 2017-10-07 15:43 | KODAWARI Sトロ

ダブルヒット

a0107341_16072005.jpg

一見海面の状況は良かったのだが、満潮過ぎてから始めたので(潮が足りないなぁ)と思いつつも一応投げまくってみた。やはりなかなかアタリがない。(なんかせんと)弓角をレッド(4センチ)からブルー(5センチ)に替えたら1投目で強いアタリがあった。やり取りの途中さらに強いアタリがあり、かなりな重量を感じるようになった。なかなか巻き取れないので巻取りはやめて寄せながら引き摺り上げることにした。
スマガツオ(小ぶり)のダブルヒット。プラス良型メッキ2枚。


# by kuroebisu | 2017-10-06 16:33 | 釣行記SURF TROLLING

ネイゴ

a0107341_09303497.jpg
ネイゴ(カンパチの幼魚)46センチ、1.5キロ。
早朝Sトロ。追い風になるべき北風も強くなると、白波こそ立たないが、海面は大きくうねっていた。(無理かな・・・)あきらめ感プンプンの中で「ガツン!」と大きなアタリがあった。前もってドラグを微妙に緩めてあるのでアタリ切れすることなくラインはジージーと出て行った。そろそろネイゴやイナダの出番だと思っていたが。


# by kuroebisu | 2017-10-05 10:08 | 釣行記SURF TROLLING