ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

天秤

a0107341_11222432.jpg初心者向けです。よく訊かれるので。
天秤について
さまざまな形状の天秤がありますが、大きく二つに分かれます。
画像A遊動天秤(海草天秤・・・)
 キスが引いた分だけ仕掛けが引っ張られるのでアタリがダイレクトに伝わります。それゆえ喰い込みが良いので良型釣りには欠かせません。セットするのに手間がかかるのが短所です。*しかし、画像は私のオリジナルですが、前もって画像のような仕込みを作っておくといつでもワンタッチでセット完了です。
画像B固定天秤(デルナー天秤・・・)
 形状がとてもシンプルなのでよく飛び、トラブルがほとんどありません。それゆえ遠投しての数釣りにはもってこいです。アタリの感覚が遊動とはちょっと違いますが、慣れたら付いてるキスの数やサイズまでよめるようになります。短所はテンション頼みの仕掛けなのでたまにカケハズレがあります。
使い分け
私の場合:4色以内のポツリポツリの時は海草天秤(遊動)、5色以上の入れ喰いの時や多点(5本バリ以上)仕掛けの時はデルナー天秤(固定)を使っています。3色以内の釣りだったら20~15号、4色以上の釣りだったら25号以上が目安かな。
画像下:ジェット天秤はポピュラーですが、実はキス釣りには不向きこの上ないです。使っているうちに心棒が曲がったり中に砂が噛んだりしてオモリがスムーズに移動しなくなり、アタリをキャッチしにくくなります。それに海底の地形や底ナガレで転がるので安定しません。根ガカリしにくいという利点もありますが。

以上、あくまでもクロエビスSTYLEです。


by kuroebisu | 2013-04-30 12:17 | KODAWARI キス

ひょっとしたら・・・

a0107341_13434029.jpg驚いた!フグが消えた。
朝の干潮時、3色ゾーンで良型まじりのプチ入れ喰い。
しかし、満潮(9:01)が近づくにつれて良型が消え、波口で子ギスが連でかかるようになった。でもほとんどカラがなかったので無心にダラダラ釣っていた。
途中でクーラーボックスのフタを開け釣果を確認すると結構たくさん入っていて驚いた。
潮が下げになって2時間くらい経つと、また良型が出るようになった。
(今日はひょっとしたら束釣り?エサも十分あるし。)ところがまたまた・・・それまで心地良かった東の風が急に突風に変わってしまい、釣り不可となり強制終了。
65本。(17センチ前後主体・20センチ前後15本・ピンギス20本程度)


by kuroebisu | 2013-04-29 14:09 | 釣行記(キス)

クロエビス的解消法

a0107341_15354687.jpgこれは、ナイロンのミチイトとかチカラ糸を使用している人には朗報だと思うのですが。
キスは付いてなくカラのはずなのに巻き取る時に異様な重さを感じる時があります。
これはラインが劣化していてガイドをスムーズに流れないせいです。新しいのに替えたら良いのですが私みたいな貧乏釣り人には結構な出費となるし交換するのもめんどうです。
そこでクロエビス的解消法です。
どの家庭にもある、潤滑油(シリコーン・CRC・・・)をラインに軽くひと吹きしてください。一発で滑らかになります。
釣具店には専用の商品もありますが、年に数回のことなのでこれで十分です。
特にミチイトにPE、チカラ糸にナイロンを巻いている人には、PEからナイロンに移っても全く違和感なくスムーズに巻けるのでよろしいかと思います。(以上、あくまでもクロエビスSTYLE)


by kuroebisu | 2013-04-27 16:08 | KODAWARI キス

フグまで・・・

a0107341_161117.jpg今、大潮。
もちろん干潮狙いでしょう。
ところが干潮時に現れた沖の砂の丘との間の水路、今日はフグまで閉じ込めてしまった。ハリを20本ぐらいは失っただろうか。それに仕掛けの補修にかかる時間がもったいない。
それでもなんとか16・7センチ主体~20センチ前後も数本。
フグさえいなければ・・・


by kuroebisu | 2013-04-25 16:16 | 釣行記(キス)

ピン釣り

a0107341_13461875.jpgいつも気になっていた箇所があった。今日はたまたま外海がシケたのでやっと攻略する気になった。

a0107341_135863.jpgやっぱりいた!が小さい。ほとんどピン(15センチ以下)。もちろんフグもバッチリいた。
テトラとテトラの間からの流れ込みなので気象に関係なく常時穏やか。
シケの時のスペアにはなるかな。ただ、ピン釣りは1時間もすればウンザリ。


by kuroebisu | 2013-04-23 14:28 | 釣行記(キス)

釣りづらく

a0107341_18414787.jpg今日は良型の群れを探せなかった。約30ほど釣ったが
20センチオーバーは5本のみ、あとは・・。最近ハマッテいるこのエリアにもピン(15センチ以下)が現れてがっかり。
しかもフグは日増しに増えていて、とても釣りづらくなってきた。
明日からまた別のエリアを探らんと・・・。(ま・これも楽しみのひとつ)
キスのお造り盛り合わせ
上がセゴシ、中が糸造り、下が普通のお刺身。
マヨキスにしても美味しいよ。


by kuroebisu | 2013-04-22 19:04 | COOKING

恋あざみ


う~、お見事!すでに音楽理論を超越した怒涛の歌いっぷり、相当好き勝手に外れまり、ハラハラ感、緊張感、先の読めない冒険的な歌い方だけど「恋あざみ」は本人(勝彩也)の持ち歌なのでこれはこれでCOOL!
でもこれを真似したらいけない、修復不可能な天然音痴と見なされるよ。(でも真似なんてできないわ、凄すぎて。)


by kuroebisu | 2013-04-21 18:51

仕掛けやハリを

a0107341_15394992.jpg今朝も良型(20センチオーバー)は3色ゾーンで釣れた。
長潮だったけどそれでも潮が上がり出したらやはりアタリが激減。2色・1色~波口は子キスが。しかしその倍くらいフグがいて、釣っている時間よりも仕掛けの修復の方に時間を取られた。今年は異常にフグが多いみたい。
頴娃サーフに釣行される方は、仕掛けやハリをいっぱい持参して下さい。


by kuroebisu | 2013-04-19 15:54 | 釣行記(キス)

やはり甘くはなかった

a0107341_1721956.jpg昼下がりの干潮を狙った。久しぶりに凪いだので、(ちょっと良いかなあ!)と期待した。
1投目、4色ゾーンから探ると、3色ゾーンでゴリゴリのアタリが・・・20センチほどをゲット。4投目までは同じゾーンで同じサイズが単発ながら付いてきた。
(これからドンドン潮は引いていくし、フグもおらんし、大量釣りになるかも。)と期待は膨らんだ。
今年のキスは初めから2~1色ゾーンと近くストレスが溜まっていたので、3色ゾーンでのアタリ、しかも良型ときたら・・・ニヤリ、顔がほころんでいたかも、きっと。
ところが・・・やはり甘くはなかった
釣り始めて1時間くらい経つや、突然西風が吹き始め、波しぶきが立つほど大荒れになり釣り不可となり強制終了。結局今日もストレスを残した。


by kuroebisu | 2013-04-18 17:56 | 釣行記(キス)

こんなもんだろう。

a0107341_19211865.jpg予報(波1m)から今日は久しぶりに頴娃のキスが釣れる!と思い、意気込んで現場に行くや・・・
がっかり、予報は大ハズレ。波は高いし濁りもあるしとてもキス釣りどころではなかった。
すぐに家に戻り、タックル・エサ・ベストを磯用に取り替え磯へ急行。
「でも、磯は今の時期、何が釣れるんだろう・・・」
水温は低かったがエサ盗りが適度にいたからちょっぴり気配はあった。
1時間程して、ウキがないことに気が付いた。しかし、竿には伝わっていない。数秒おいて合わせると・・・大暴れ、(首をさかんに振ってる、これはバリ。)やはりバリ(800gくらい)。
それから5.6投あとに竿にくる大きなアタリがあった。(チヌかヘダイか?)ヘダイ(1.2キロくらい)だった。それからもヘダイ(1キロくらい)追加。
ま・今の時期の磯はこんなもんだろう。やりとりを楽しめただけでも良しとしよう。


by kuroebisu | 2013-04-16 19:49 | 釣行記(磯)