ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

伊豆の踊り子2013

a0107341_1850297.jpg
ポカポカ陽気に誘われ、かごしまフラワーパーク。
園内のあちこちに伊豆の踊り子:山桜と大島桜との自然交配種)がチラホラ。まだ2~5分咲きで盛りにはあと数日だったが、春の訪れを間近に感じた。

毎年同じ時期に同じ場所で花を愛で、同じ時期に同じ場所で魚を釣る。
それでもまだまだ新鮮な発見と感動がある。好奇心と感動がなくなった時が私の最期・・・生きてても最期。


by kuroebisu | 2013-01-31 19:03

待て~ッ!帰ったらアカン!

a0107341_13172693.jpg
昨日同様今日もベタ凪ぎで底は丸見え。
確率ゼロと判断したが、(マグレでも・・・)とスケベ心には勝てなかった。
満潮直後はエサ盗りも適当にいたが、それも半時程でその後はエサ盗りが完全に消えてしまった。
冷水塊が流れ込んだのであろうか回収する仕掛けに触るとつめた~い!
(最悪の条件になった・・・もうやめよう・・・)と片付けに入った瞬間、(待て~ッ!帰ったらアカン!)と言わんばかりに竿がスイングし始めた。
100パーセントあきらめていたので1尾(1キロジャスト)でもうれP-!


by kuroebisu | 2013-01-30 13:50 | 釣行記(磯)

イルカ

a0107341_2223095.jpg
ひょんなことからかごしま水族館に。
ちょうどイルカのショータイム直前だったので、いきなりイルカを観ることになった。
4頭のレギュラー(大人)イルカのアクロバット演技はかなり見応えがあったが、それに1頭の赤ちゃんイルカ(まだミルクを飲んでいるとか)が大人イルカたちの演技を見よう見まねでマネしている様子はとても可愛らしく大勢の観客に大ウケだった。
ところが、アクシデント発生!
赤ちゃんイルカがいきおいあまり、水槽から飛び出してしまった。赤ちゃんイルカは苦しいのかジタバタしていた。場内は一瞬ア然となった。
ところが、その時、「キキキー、キキキー」と甲高い声をあげながら・・・母さんイルカが水面から飛び出してきた。母さんイルカは胸ビレや全身を使い、必死で赤ちゃんイルカを水槽に戻そうとした。結果、スタッフの力もあって赤ちゃんイルカは無事に水槽に戻ることができた。
この間、場内は母さんイルカの悲痛な叫び声だけが響き渡っていた。
ほどなく場内いっせいに大きな拍手が起こった。


by kuroebisu | 2013-01-27 23:09

あきらめんで良かった。

a0107341_2311994.jpg

ズ~~ッとスランプが続いていたが。。。
北西の風が強くかなりシケていたが、干潮時にあったたので大波を交わしながらだったが、なんとか釣ることができた。9時頃から始めたが3時間経ってもウキは1度も沈むことは無かった。ただ、今日は5・60m先の潮目がはっきりしていたので、(粘ったらなんとかなる!)と潮目狙いに徹した。
ウキがゆっくり斜めに走るように沈んでいった。竿を持った瞬間、大物を実感した。最初、なかなか引き寄せられずラインが巻き取れなかったが、時間を充分かけて丁寧に寄せる波に載せて引っ張り上げた。
自身今季最大のクロ1.85キロ。あきらめんで良かった。


by kuroebisu | 2013-01-24 19:17 | 釣行記(磯)

ランドセル

a0107341_21455117.jpg
秋田在住の孫娘がこの春から小学生になる。
夕方孫娘から「ランドセル届いたよ。パソコンに画像送ったからね。」と電話があった。
このランドセルは(私からのプレゼントだが、)某ショップオリジナルの受注生産のため申し込んでから3ヶ月もかかった。やっと届いたランドセルに孫娘はチョーうれしそうでいつもに増して声が弾んでいた。ネーム入り鉛筆やノートなどオマケもいっぱい入っていたそうだ。元気に小学生をenjoyして欲しい。


by kuroebisu | 2013-01-20 22:11 | FAMILY

トコブシ

a0107341_1992947.jpg
今日も釣れんかった。
午後からの出勤でいきなり干潮ド真ん中。
大潮なのでかなり潮位が低くまったく釣れる気がしなかった。
周辺を見渡すと海苔や貝採りの姿がチラホラ。(釣りがダメならトコブシでも採ったろか。)とまず足元を観察すると・・・(おった!)中サイズがいきなりおったので(本腰入れて取ったろかい。)になった。
私たちの釣り座の周辺はいつも釣り人がいるので貝を採る人は来ない。
だから、ここは穴場なのだ。小1時間でこんだけゲットした。
そうはいってもトコブシも魚同様、年々少なくなっているなあ。
環境の変化・乱獲・・・と原因は尽きない。
さて、このトコブシ、どーやって食べようか。やはり刺身とバタ焼きか。


by kuroebisu | 2013-01-12 19:46

スランプ

釣れない!   
明けてからスランプに陥った。
海のCONDITIONが悪かったり、時合に釣り行けんかったり・・・といろいろあるが。。。
主たる原因は「遠投」。このところクロは瀬際のフカセでしか釣れない。
しかし、「それじゃあ、チョイ投げ」ってわけにはいかない。私は「遠投のクロエビス」だ。意地でも遠投一筋よ。それに過去の巨グロ(2キロクラス)はすべて沖磯周りでヒットしている。
周囲を気にせずMY WAY、今は我慢の時バイ。


by kuroebisu | 2013-01-11 23:54

怨念の津軽海峡


山口県のjazz pianist 重松大悟さんの怨念の「津軽海峡冬景色
厳寒の津軽海峡、吹き荒ぶ吹雪の音が終始リアルに表現され、目を閉じると・・・
雪深い冬、関東・関西地方に出稼ぎに行った男たちがお正月休みをもらい一時帰省、両手いっぱいの(孫や妻への)お土産を下げて吹雪の中、青函連絡船に乗り込む姿が。。。(出稼ぎって今は死語かもね)
やはりピアノって自己表現には最高の楽器だ。
若かりし時、京都祇園のクラブでピアノも弾いていたこともあるが、重松さんのテクにはほど遠かった。うらやましい!


by kuroebisu | 2013-01-06 19:15 | 動画

無惨

a0107341_17362365.jpg
1・2日は釣り三昧のお正月だったが・・・
無惨にも完全ボーズだった。
雑魚すら遊んでくれなかった。が、両日共、得体の知れない大物にスプリングを破壊された。(なんとスプリングが伸び切って20センチほどのラセンに変形するのだ。)現在の私のタックルや仕掛けではとても揚げられそうにない。ところが、今日もその大物がきた。しかも2回。1回は何とか踏ん張って数秒ほどヤリトリができたがまったく寄せられず、突然凄いパワーで沖に走られた。
本業の都合で今日も午後の釣り。波・風・ナガレ、ともに最高の条件だったが残念ながらクロは出なかった。チヌ(1.3キロ)1枚のみ。
そうそう。先日の自作のウキ回収器?、今日初めて使ってみた。1投目でうまくウキに絡み、なんなく回収できたのでさらに自信を得た。


by kuroebisu | 2013-01-05 18:26 | 釣行記(磯)