ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

正解!

a0107341_16343550.jpg
先日開発?したMY BEACHはいきなり良型が2連できた。その後単発のヒットが続いたが、30分もするとどうしたことかアタリがピタッと止まってしまった。
その後以前開発?したMY BEACHに移動するもあいにく満潮のためビーチが出ていない。仕方がないので苦手なテトラポットから投げることにした。
正解だった。ここでもいきなり良型が2連できた。トラブル防止で3点仕掛けだったので数(33尾)はかせげなかったが今日はサイズ(22~15cm、半数が18cmオーバー)に満足。
MY BEACHのおかげで釣果が安定、充実してきた。


by kuroebisu | 2009-05-30 17:06 | 釣行記(キス)

登録

a0107341_1340214.jpg
今日の釣りは難度Aで値打ちもの。
北東の強風、それに先日来の沈み藻の両方をかわそうと数箇所の釣り場を探し回ったがどこもOUT。沈み藻はどっかり腰をおろしたみたいでどこの釣り場でも大量に沈んでいる。台風でも来なきゃのかないのでは。

やっと探し当てたポイントだが、砂浜(狭い)こそあるが周囲は岩だらけで、おそらくここで釣って釣果を出したのは私が初めてかもしれない。4~3色ゾーンで喰わせ、2色になったら巻きにかかった。(2色まではゴロタ)

18cm前後の良型揃い。28尾。1時間半。
またまた、MY PRIVATE BEACHに登録だ。


by kuroebisu | 2009-05-27 14:26 | 釣行記(キス)

イライラ

a0107341_1433350.jpg
先日の低気圧通過から横風(西)が止まらず、イヤ~な波がなかなか収まらない。
しかも海中に大量の藻が沈んでいて、ヒットしても藻に潜られてしまいなかなかキープできない。
そこでサビくのを止めてポイントゾーンで置き竿で釣ることに決めた。
今の時期は魚影が濃いのですぐ「プルンプルン」と竿が震える。そこから沈み藻に当たるまでゆっくりサビいて2尾・3尾を狙った。沈み藻に当たったら巻きを速めて仕掛けを浮かしてキスをキープした。
それでも仕掛けや天秤に絡み付いた藻を取り除くのにイライラのし通しだったが、この条件下でまあまあの釣果は出た。
35尾。18cm前後(15~20cm)。



by kuroebisu | 2009-05-25 14:36 | 釣行記(キス)

工芸茶

a0107341_18472858.jpg
関東在住の息子の嫁から珍しいモンが送られてきた。
工芸茶」(茶玉&専用ポット)
(説明)工芸茶はまだ歴史的には浅く、80年代から始まりました。乾燥した茶葉を一葉一葉集めて紐で縛り作られ、大変な技術を要するので、まさに「芸術作品」とも言えるお茶です。中に花を入れたり、茉莉花(ジャスミン)の香りを添加して作られるものもあって、お湯の中で花開く様子は見事です。香り、見た目、味わい、の三拍子揃った何とも贅沢なお茶です。

ポットのお湯の中でカーネーションの花が開く様子はちょっとスゴイ。ジャスミン茶がベースになっていて、さわやかなジャスミンの香りと、ほのかに甘いカーネーションの香りのコラボは釣りに疲れた私を優しく癒してくれソー。


by kuroebisu | 2009-05-24 19:26 | FAMILY

ついつい

久しぶりのキス。先日の低気圧通過の名残を予想して外海(地元)はあきらめ指宿(錦江湾)へ直行。
1投目から3連・4連と続き、サイズもまあまあ。気分良く釣っていたが、しばらくすると突然アタリが止まってしまった。遠近左右、周辺を投げまくってみたが全く反応無し。おそらく冷水塊が流れ込んだんだろう。
今日は大潮で潮の引きが速い。回復を待ってる時間は無い。
すぐさま地元(MY BEACH)へ直行するもやはり濁りがきつくおまけに西風でイヤ~な波も立っている。
(これは無理や~。釣れるわけない。)と思いつつもそれでもついつい竿を出してしまうハンパ釣り師の悲しい性。結局、大量のゴミと沈み藻を釣ることに。即退散したが反省しまくり。
(指宿)28尾。18cm前後、ピン~22cm。


by kuroebisu | 2009-05-23 18:16 | 釣行記(キス)

乱獲かも・・・

a0107341_13263196.jpg
MY BEACHは凄い!干潮・満潮問わずガンガン喰ってくる。
河口の隣なのでキスにとってはごちそうがいっぱい。だから移動する必要もないのだろう。但し、干潮時は4・5色ゾーンまで移動しているみたいな。
サイズも付近のビーチよりもいくぶん良い。
釣り友みんなに教えてあげたいが、干潮時しか現れない砂浜はかなり狭いのでひとり(わたし)しか乗れない。
18cm前後、15~21cm、75尾。


by kuroebisu | 2009-05-20 14:02 | 釣行記(キス)

イサキは出ず。

a0107341_13584018.jpg
小雨混じりの曇天だったのでイサキ狙いでマイホームへ。
フカセの連中がコッパグロをたくさん釣っていた。子グロがいるこということはまだまだ将来性が有るということなのでちょっと安心した。(ここ数年このポイントでは子グロを見なかった。)

イサキにはもってこいのCONDITIONだったが・・・残念ながら最後までイサキは出ず。
代わりにクロ(800g)が釣れたのでマ・良しとしよう。
2回スッポ抜けがあった。まだまだヘタクソやねぇ~。

釣り友Iさんがmy private beachで良型ギスをたくさん釣ったとか。


by kuroebisu | 2009-05-19 14:27 | 釣行記(磯)

良型揃い

a0107341_14542044.jpg
北西の風が強く南薩でのキスは無理。
釣り友Iさんと指宿の某ホテル裏ビーチに行くとすでに釣り友Yさんが投げていた。

1投目はカラで2投目に20cmオーバーがきた。
何回か投げているうちに良型ギスのタマリ場を探り当てたが、これがナント100m以上。
そこで5色フルに投げた後5・6回巻いて置き竿で釣ることにした。
これが当たりで竿を置くとほとんど10秒以内で大きなアタリがあった。

良型を確実にゲットすべく始終3点仕掛けで数は稼げなかったが良型揃い(18~22cm)に十分満足。


by kuroebisu | 2009-05-18 15:33 | 釣行記(キス)

懐かしのORIGINAL

a0107341_17571977.jpg
今でこそいろんな天秤が出ていますが、十数年前はジェット天秤(赤いやつ)しかありませんでした。(少なくともこの地には)
そのジェット天秤には大いに不満があったのでオリジナルの天秤を造ったことがあります。
今では何のことも無いですが当時はかなり斬新的なものだったと思います。新聞でも紹介され県内あちこちから30件ぐらいの問い合わせがありました。

おたふくオモリを使うのですが市販のものをヤスリで削って薄く加工しました。(後で業者に型を取ってもらい大量生産)薄くすることによって海底地形が読み取れるようになり動きがスムーズになりました。
シモリを付けてオモリに砂が入り込んで詰まらないようにしました。詰まったらオワリです。
ゴムパイプを付けてサルカン連結部のハリスの磨耗を無くしました。

12号~20号と比較的軽いのを造ったので100m以下のチョイ投げにはもってこいだったと思います。
理論上アタリやキスの動きがダイレクトに伝わるのでヤリトリを十分楽しめたと思います。

十年以上もこのオリジナル使っていませんが、先日テトラの上からのチョイ投げで久しぶりに使ったところ「プルン、プルン」「ガツン、ガツン」がとても新鮮でまるでキスと一体化したような気分でした。


by kuroebisu | 2009-05-17 17:58 | KODAWARI キス

テトラから

a0107341_13405623.jpg
久しぶりにキス。
マイビーチへ通勤?の途中、顔見知りの人、じゃない人に声をかけ調子をたずねる。みなさん一様に「イマイチパッとせんなァ。小さいし。」
マイビーチの猫の額ほどの砂浜は満潮で潮がかぶっていた。仕方ないのでテトラの上からの不安定な釣りになった。
仕掛けを垂らせないので3点で投げると力糸ゾーンに入ったところで「プルプル」。(道糸なんか要らない。)
カラは無いものの1尾ずつで、なぜか今日は連で来ない。
35尾。数は少なかったがサイズは18cm前後主体で満足。3時間弱。

テトラからの釣りはせっかく釣れても暴れたりテトラにぶつかったりして落下するのが多いので効率がかなり悪い。


by kuroebisu | 2009-05-15 14:16 | 釣行記(キス)