ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

カテゴリ:KODAWARI キス( 52 )

エダスの修復

a0107341_22592787.jpg
お尋ね
市販の仕掛けを使っていますが、ハリをフグに盗られた時どのように修復すれば良いですか?

お答え
(独断と偏見のクロエビススタイル)
先ず釣行前にハリ付きエダス(10ー15cmぐらい)を10本以上は作って準備します。
画像左側は普通の直結び(漁師結び)で市販の仕掛け(パイプ付きも含む)はほとんどこれかと思います。
対処法
ハリを盗られた場合、、まずコブだけを残しあとはきれいに切り落とします
対処①コブの上方でエダスを結びコブのところまでズリ下げます。(この方法ではエダスは上方に移動しますが実釣では下方に引かれるので心配ありません。
対処②コブの上方で作った結び目をコブをはさんでしっかり締めます。(これだとエダスの上下移動は完全になくなります。)

①も②もとても簡単、かつエダスが上向きになるので理想的です。
ちなみに私の場合はパイプ(1cm)を使いパイプの中でワッパを作りそれにエダスを結んでいます。


by kuroebisu | 2010-10-09 23:40 | KODAWARI キス

やってみなきゃ・・・

a0107341_15253612.jpg
フグをかわせばまだまだ釣果が伸ばせると思う。
とにかくハリと仕掛け交換で手返しもクソもあったもんじゃない。
フグ対策としていろいろ言われているがすべてウソ、フグは何でも喰らいつく。

そこでバカの一念、エダスをワイヤに代えてみた。
とりあえず「ナ〇コ」で一番細い(0.28mm)ワイヤを買ってきて5点仕掛けを作ってみた。
喰いが渋い時はダメだろうが、喰いが活発な時はなんかいけそうな気がする
なんでもやってみなきゃ分かりまへん。
次の釣行が楽しみだあ!


by kuroebisu | 2010-10-02 16:03 | KODAWARI キス

まだまだ

a0107341_14561315.jpg
私に初めて出会う人は私の使っている竿を見て(ボロボロやね。)(傷だらけだ。)(使い込んでるね。)とみんな驚く。
5・6年前に買った「SURF LEADER 405 EX-T」の初期モデル。
ずっとチョイ投げ用に使っているが釣果の7割くらいはこの竿で、ゆうに1万尾を超えるキスを釣り上げている。(最盛期はキスは接岸するので遠投用の並継ぎよりチョイ投げ用の振り出しの方がはるかに実用的)
最近投げるたびに竿が回転するのでおかしいと思い、点検すると、3番目がスポッと抜けたではないか!(長年の酷使で外径が磨り減っていた)
すぐにバラシにかかりなんとか修理したもののまだ他にも不安な箇所がある。(クリップ拡大)
でもまだまだ見捨てない!限界までとことん付き合ってもらう。がんばれ!


by kuroebisu | 2010-05-23 15:47 | KODAWARI キス

キス攻略法

クロエビス的数釣り攻略法 *参考程度に。責任は負いません。

〇ポイント探し・・・海面を観察すると、海面が盛り上がる所サラシが立っている所があります。これらの海底には地形の変化(ヨブ・かけ上がり・・・)がありエサが溜まり易いのでキスが寄っています。とりあえずそんな所をポイントと定めます。それと、河口周辺も(濁りさえ無ければ)良いポイントです。
仕掛けは設定したポイントより10m以上沖に投入し、ゆっくりゆっくりサビキます。基本はリールサビキ。ここで大切なことは、サビいてる合間に静止の瞬間を入れることです。サビキを停止することによりエダスが横に開いてキスが喰いつき易くなります。
アタリがあっても決して合わせずフツーにサビキを続けます。1尾掛かってもその周辺にはまだ仲間?がいるので静止の瞬間をさらにこまめに入れて次のアタリを待ちます。ここで大切なことはラインのテンション(張り)を保ち続けることです。そうすることによりすでに掛かっているキスはバレ難いし、次のアタリもはっきりキャッチできます。
〇アタリが頻繁なゾーンは、ラインの色を記憶します。次からそのゾーンを重点的に丁寧にサビけばいいのです。ラインが単色(ナイロン・色落ちPE)の場合、マーカーでチェックします。
〇巻き上げはこころもちテンポを上げ一定の速度で一気に巻き上げます。


by kuroebisu | 2010-05-06 20:17 | KODAWARI キス

冷水塊

a0107341_17364658.jpg
外海は1mの波(予報)にもかかわらず、北西の風が強いので波立っている。
仕方なく錦江湾。
1投目から強いアタリがあり20cmをダブルでゲット。
(やっぱりいるんだ。ウヒヒ・・・独り占めかも。)
が、ツヌケした頃からアタリが完全に止まった。
原因はどうも冷水塊が流れ込んだようで回収した天秤や仕掛けが異常に冷たく感じられた。
後、移動しながら1時間ほど粘ってみたがアタリは完全に消えた。

自作のロッドスタンド、大正解で仲間に大ウケ。(スゴ~イ!)(いいね、いいね。サスガやね。)(オイも作ってみよ。)(ナFUコに行っど。)


by kuroebisu | 2010-04-30 17:48 | KODAWARI キス

ピッタシカンカン

a0107341_15222836.jpg
(三脚は移動時がめんどうでおまけにとても使いづらい。)
思案の末、近くのホームセンターにサンドポールを持ち込み頭の中で描いたモノを探した。
多分手すり用パイプの止め具だと思うが、サンドポールを突っ込んでみるとピッタシカンカン。
ネジ止め(4箇所)なので丈夫このうえない。脱着もスムーズ。
なんといってもいつものサンドポールがそのまま使えるのがスバラシイ。
これで堤防釣りも万全だ!
254円也。


by kuroebisu | 2010-04-28 15:21 | KODAWARI キス

SYSTEM BOX

a0107341_12522444.jpg
クーラーボックスをちょっといじってみた。
クロエビス自慢のSYSTEM BOXだ。
サカナ回収カゴ:実際は1と2は上下が逆。5(サカナ投入口)の直下になる。20cmクラスが6~70尾ぐらいは入る。アミカゴなので釣りの最後にまとめて海水で砂を落とせる。100円ショップでたまたまぴったりサイズがあった。
上部トレー:自作。
サイドボックス:シンカーやお茶を入れる。
エサ箱:フタの上部から取り出せるのでいちいちフタを開けなくて良い。
サカナ投入口
ショルダーベルト:付属品から幅のあるギター用のベルトに換えたらかなり楽チン。
小出しエサ箱:ワンタッチ取り外し。

この本体、新潟の某メーカー(釣具関連ではない。すでに廃盤。)のものだが、とても便利に創られていて保冷もバッチリ!おまけに丈夫ときている。(←お座りOK!)ちょっと重たいが。(許せる重さ)

タックルや装備は釣果とは無関係だがいろいろ工夫を懲らすのも釣りの楽しみのひとつ。


by kuroebisu | 2010-04-20 13:46 | KODAWARI キス

どっちにしろ

吹〇浜のムシについて

キス専門に全国を釣り歩いている関東在住のWBさんより情報を頂きました。WBさんは串木野に縁があり吹〇浜はよく行かれているそうで、彼も以前から例のムシが気になっていたそうです。
〈以下、彼のメールより抜粋〉
吹上浜の寄生虫ですがおいらも実際確認しましたが、あれはトグロ巻いてるのでアニサキスだと思います。
関東の千葉 鴨川の寄生虫は四吻目条虫 です。


要するに吹〇浜のムシはアニサキスの可能性もあるということ。
どっちにしろ食する時は加熱した方がまちがいありませんね。

WBさん、ありがとう。最近どうですか。


by kuroebisu | 2009-09-23 21:46 | KODAWARI キス

四吻目条虫

吹〇浜のムシについて
このたび吹〇浜がHOMEのKさんに貴重な情報をいただきました。

吹〇浜のキスに巣くっているあの白い糸状のムシはアニサキスではなく
四吻目条虫とかいうもので、食しても人体には寄生しないそうだ。
時期により含有率が違うけど、これまで随分と不安に思っていたので少しホッとした。
Kさんありがとうございました。


by kuroebisu | 2009-09-13 18:00 | KODAWARI キス

懐かしのORIGINAL

a0107341_17571977.jpg
今でこそいろんな天秤が出ていますが、十数年前はジェット天秤(赤いやつ)しかありませんでした。(少なくともこの地には)
そのジェット天秤には大いに不満があったのでオリジナルの天秤を造ったことがあります。
今では何のことも無いですが当時はかなり斬新的なものだったと思います。新聞でも紹介され県内あちこちから30件ぐらいの問い合わせがありました。

おたふくオモリを使うのですが市販のものをヤスリで削って薄く加工しました。(後で業者に型を取ってもらい大量生産)薄くすることによって海底地形が読み取れるようになり動きがスムーズになりました。
シモリを付けてオモリに砂が入り込んで詰まらないようにしました。詰まったらオワリです。
ゴムパイプを付けてサルカン連結部のハリスの磨耗を無くしました。

12号~20号と比較的軽いのを造ったので100m以下のチョイ投げにはもってこいだったと思います。
理論上アタリやキスの動きがダイレクトに伝わるのでヤリトリを十分楽しめたと思います。

十年以上もこのオリジナル使っていませんが、先日テトラの上からのチョイ投げで久しぶりに使ったところ「プルン、プルン」「ガツン、ガツン」がとても新鮮でまるでキスと一体化したような気分でした。


by kuroebisu | 2009-05-17 17:58 | KODAWARI キス