ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

カテゴリ:KODAWARI 磯( 17 )

大島

a0107341_14375250.jpg
誕生日プレゼントに「ダイワ大島3-53遠投」をもらった。
大島シリーズは初代からモデルチェンジするたびに購入・使用してきた。
最新版は竿へのライン絡み防止に[遊動Kガイド]を搭載。そのほか[X45][V-JOINT][HVF]により、よりパワーアップされさらなる遠投が可能とのこと。
ただ現行の「クレッサ(大島シリーズ)」がまだ使えるのでしばらくは寝かしておこう。


by kuroebisu | 2015-09-07 15:10 | KODAWARI 磯

固着

釣り竿の固着について

竿尻をガンガン岩に打ち付けても、二人がかりで逆方向にねじってもなかなか入りません。

私の場合、現場では無理せずそのままの状態で家に持って帰ります。(格好悪いけど)
①リールを外して竿だけにします。②必ず竿の尻栓を外します。③コンクリートの上にタオルを敷き垂直にコンコンと打ち付けます。

それでも入らないときは①竿のガイドを全部外します。②必ず竿の尻栓を外します。③コンクリートの上にタオルを敷き心持ち力を入れてゴンゴンと打ち付けます。
これで私の場合100%解決しています。

二人がかりでねじる場合、イボ付き手袋や並継ぎ竿の巻きベルトを使えばより効果的ですがねじる角度がずれたら竿を傷つけたり、ますます固着が増したりします。

固着を防止するために(私は)竿を出す時、竿を左右に回しながらゆっくり伸ばします。意外と効果的です。

固着解決にこんな製品も出ています→参照


by kuroebisu | 2014-07-18 21:32 | KODAWARI 磯

300円程度

a0107341_23183794.jpg
ここ数年、私の周辺ではフカセ釣りから(かご・スプリング)遠投に転向する釣り人が多い。
それは多分以下の理由だと思う。
①良型、大物が釣れる。
②イサキが釣れる。シマアジが釣れる。
③のんびりアタリを待てば良い。
④エサ代がそんなにかからない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
①と④は正解。。
②は必ずしもそうとは限らない。イサキ・シマアジを釣るにはそれなりの条件と技量が必要。
③はひとにも依るが、たいていはウキをチラ見しながら次の仕掛けを作る。緊張しまくり。
④は私の場合、半日(3・4時間)で300円程度。→参照


by kuroebisu | 2014-07-16 23:46 | KODAWARI 磯

試作 遠投ウキ回収器

a0107341_17483613.jpg
最近2回もウキを飛ばしてしまった。(1回は釣り友が後で回収してくれていたが)
サルカンとミチイトとの結合部の劣化が原因。やはり定期点検が必要だ。(トンネル事故じゃないけど)
遠投ウキは結構な値がするので一瞬で高額の損失を被りバカにできない。
そこでウキを飛ばした直後すぐに対応できる遠投ウキ回収器なるものを試作してみた。フカセウキの回収器は市販されているが遠投ウキについては(私は)聞いたことがない。
玉ウキは15号、オモリは10号を使っているので80m前後は飛ぶ。
試作したばかりなので実際に使ったことはないが自信はある。


by kuroebisu | 2012-12-08 18:16 | KODAWARI 磯

一長一短

a0107341_188436.jpg
シマアジはまだまだ釣れる。
ただ、シマアジは引きが強いにもかかわらず口が非常に軟らかいのでロッドの硬い遠投竿ではヒットしてもゲットできる確率は半分もない。(口がすぐ切れる。)そこで今日はちょっと工夫してみた。本体のクッションゴム(直径2mm/長さ15cm)はそのままで、ハリスとスプリングの間にもう1本、極細のクッションゴム(0.8mm/20cm)を付けてみた。結果、予想通り(シマアジは)確実にゲットできるようになった。が、最初のアタリが鈍くなったり、他魚との区別がつき難くなり得体の知れない大物?を2度もバラした。やはり一長一短、ターゲットを絞らねば。


by kuroebisu | 2012-10-29 18:41 | KODAWARI 磯

アミ巻き仕掛け

a0107341_11391550.jpg
複数のお問い合わせにお答えします。(参考までに)
クロ・チヌ・マダイ・イサキ等の良型釣りはアミ巻き仕掛けに限ります。
アミ巻き仕掛けは初めての方にはとてもわずらわしいみたいです。が、必要な物を揃えて数回釣行すれば誰でも簡単にマスターできます。まずやってみることです。

準備する物・・・アミ巻き棒(市販されていないので自作します。)・アミ巻き糸(100円前後)

アミの処理について
融かしたアミをそのまま使ってはアミがきれいに巻けません
①融かしたアミからテニスボールくらいの量をネット(ミカンの入っているネットが最適)に入れ、海水の中で上下に揺すってアミのヌメリを取ります。(ヌメリが取れるとアミが白っぽく輝きアピール度が増します。)
②アミがネットに入ったまま手首だけで10回くらい回して水を切ります
 この際、回し過ぎるとアミが潰れてしまうので回し過ぎは禁物です。
①②の処理でアミがきれいにまとまるのでハリに巻く際にアミがこぼれ落ちにくくなります。

アミの巻き方
画像クリック→拡大
最初あらゆる角度から斜めに巻き、最後に根元をしっかり巻き、アミ巻き糸を引きちぎり棒を抜きます。
巻く際にあまり締めつけないようにします。(締めつけるとアミ巻き棒が抜けなくなります。)


回収後ハリに付いてきた残りアミや巻き糸の処理
ハサミで切り取りますが必ずラインに対して直角にハサミを入れます。(ラインごと切らないようにです。)


by kuroebisu | 2012-02-13 12:33 | KODAWARI 磯

バクダン仕掛け

a0107341_1004625.jpg
5分で作れるバクダン仕掛け
最近のことは分かりませんが大昔?市販のバクダン仕掛けで散々失敗を重ねたことがあります。
針が曲がる・折れる、ハリスが切れる、結び目がスッポ抜ける・・・いざの大物に全く対処できませんでした。

やはり自分で作らんと(画像クリック拡大)
①普通に針を結んで針から8~10cmのところにマジックペンで3本まとめて印を付ける。
②印のところに普通に針を結ぶ。(少々のズレがあってもサカナにはわからない。)
③真ん中で折り、ツマヨウジで「クルッ」とワッパを作る。(←慣れたら簡単!)
④完成

こだわり(対象は2kg前後以内のクロ、チヌ、マダイ・・・)
針は軸の太い伊勢尼の6号がベスト。(チヌ針などのヒネリ系はダメ。)
ハリスはカーボンの3号前後がベスト。
針は納得いくまでしっかり結ぶ
*クロ狙いのダンゴはパン粉を主体にしてガッチリ固めない。

以上、クロエビスの独断と偏見に基づきます。参考までに。


by kuroebisu | 2011-05-31 06:00 | KODAWARI 磯

1回300円

クロエビスのスプリング遠投1回300円で良型をGETできます。

毎回の釣行(半日3時間前後)の必要経費
ブロックアミ 1/8カク 300円×1/3=100円
パン粉    2kg200円×1/2=100円
集魚剤    500円×1/5=100円
100円+100円+100円=(合計)300円
*ブロックアミを1/4カク、パン粉を1袋(10kg)のまとめ買い、集魚剤を特価にしたらもっと安上がり。

参考/
〇マキエのアミはほんのひとつかみで十分。クロはパン粉だけでも釣れます。
〇集魚剤は集魚のためでなくマキエの粘着力を高め遠投の際のバラケを防ぐためのもので少量混入。

フカセ釣りが1回につき最低でも1500円はかかるようでそれに較べるとスプリング遠投超経済的な釣りですよね。


by kuroebisu | 2010-06-28 00:18 | KODAWARI 磯

遠投用PEライン

a0107341_2219940.jpg
かご(スプリング)遠投用PEライン。
かご遠投で100m以上投げるにはこのミチイトが最適。
キス用に較べ距離が150mと短いが、こんだけあれば十分。
これにチカラ糸(4~12号15m)をつなげば10号前後のオモリでぶっち切れることはまずありえない。
PE3号でナイロン換算の7~8号の強度があることになる。
チカラ糸はPEよりもナイロンを使った方が合わせ切れが緩和、さらにサカナとのヤリトリに余裕がもてる。
大切なことはPEラインとチカラ糸をしっかりつなぐ(電車結びならそれぞれ4回はくぐらす)こと。


by kuroebisu | 2010-06-21 23:00 | KODAWARI 磯

遠投ウキ

a0107341_1615142.jpg
私のイチオシ
村山ウキ
地元開聞町、村山釣具店のオリジナル(手作り)遠投ウキ。
各種いろいろあるが、画像はクロエビス仕様(黒塗り)だ。

これまで市販の遠投ウキは大方試してみたが、未だかつてこの村山ウキに勝るウキに出会ったことが無い。
見かけは超シンプル。とても不思議だが、距離も出るし、立ちも早いし、強風・シケ時でも超安定、もちろん感度は抜群だ。
南薩の遠投釣り師で知らない(使ってない)人はいないのでは。
今では県内外の釣人が南薩での釣りの帰りにお土産に買って帰るとか。

村山釣具/指宿市開聞町十町1313-6 TEL0993-32-4727
*留守の時があるのでTELしてから行った方が良いです。


by kuroebisu | 2010-06-15 17:00 | KODAWARI 磯