ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

カテゴリ:KODAWARI Sトロ( 16 )

クリアとピンク

MY FREE TIME と釣れ頃TIME(時合い)が合致しなかったので本日釣行せず。
極力ムダ玉は打たないように心掛けています。

最近のお尋ね(答えは独断と偏見に満ち溢れています。)
弓角の色の選択について
とりあえずクリア(透明)ピンクさえあればOKです。
(晴れの日)・・・クリア・白・青
(明け方、夕方、曇り、小雨の日)・・・ピンク・赤
ネイゴ(カンパチ)、イナダ(ブリ)、サゴシ(サワラ)・・・サバ系・シラス系

メッキをたくさん釣りたい
弓角をやめて市販の青物専用サビキ(ハヤブサ製、「白毛オーロラ新アジ針、ワカシ・イナダ」、ハリ11号・ハリス4号・幹糸6号が加工し易く最適)を一旦バラして3本枝に改造します。
メッキはトップ層(表層)釣りなのでジェット天秤よりもマウス(ネズミ・ホッパー)の方が有利です。
メッキは近場(10m以内)で喰い付いてくるので波口までキッチリ巻き取ります。


by kuroebisu | 2009-08-22 23:58 | KODAWARI Sトロ

Sトロ準備完了

a0107341_8571584.jpg
8号台風の余波で釣行できず家ん中でくすぶっている。
でも、このシケの後がまだキスなのかあるいは青物なのか、とても楽しみ。

そろそろ始まりつつあるサーフトローリングに備えて備品の点検を行った。
弓角のフックにヤスリをかけたり痛んだ羽根を修繕したり・・・。
やってるうちに胸が高ぶってきて一刻も早く投げたくなってきた。
Sトロは2年目でまだ経験が浅いので暗中模索だが、その分研究の余地がまだまだあるのでメチャ楽しみ!
今年もローニンアジが釣れたらなぁ。


by kuroebisu | 2009-08-09 09:22 | KODAWARI Sトロ

お答え

〈お尋ねへのお答え〉あくまでも参考程度にお願いします。

Sトロ編
弓角でホントに釣れるんですか?
・・・釣れます。弓角で釣れます。私も最初は半信半疑でした。

リーダー(ハリス)を何故長くとるのですか?
・・・リーダーは3m以上は必要です。リーダーが長いことにより、カラミが激減します。それに、高速巻上げ時の弓角の空中へのハネ上がりが無くなりその分喰いつきがかなり良くなります
*リーダーが長いと、短い竿ではどうしても投げづらくなります。竿は磯遠投の3or4号、5.3mが最適でしょう。
*リーダーはフロロカーボンの5号以上を使うとカラミ難くなるし、大物や歯の鋭い魚種に対応できます。

ネズミとロケット、どっちが・・・?
・・・ネズミ(マウス・ホッパー)はトップ(表層)しか狙えません。対しロケット(ジェット)天秤は飛距離が出るし、ボトム(底)からミドル(中層)、トップ(表層)まで全層を探れます。良魚、良型は海底に潜んでいることが多いので、私はロケットしか使わなくなりました。
最近、Sトロ専用天秤も売られています。1個800円前後で、ロケットに較べ高価なので買ってはいるけど使う気になれません。


by kuroebisu | 2009-04-02 20:58 | KODAWARI Sトロ

枝バリ

a0107341_23495232.jpg
お尋ねにお答え!
〔Sトロ編枝バリについて〕
枝バリは1本が限度です。それ以上は絡み易くなるし、複数匹掛かってもその処理に手間を取りせっかくの爆釣タイムを見過ごすことになります。
枝バリにはアジ針(11号前後)が良いようです。枝バリにも弓角を使う人を見ましたが、投げる度にほとんど絡み、釣りに集中できないようでした。
私の場合、キスの仕掛けの応用で、絡み防止パイプ(1.2mm)を3cm程使いモトス(リーダー)に絡まないようしています。ただ、作る時にコツがあります。パイプが垂れないようにリーダーのワッパの結び目を上向きにこき上げます。慣れたら簡単ですので試してみてください。
枝バリ自体は市販の青物又はアジ仕掛けのセットをバラシて使った方が手っ取り早く安上がりです。
画像は黄色がパイプです、モトスとエダスの角度が鋭角になるように(赤色)
エダスはホンテロン系の4号前後で8cm前後。リーダー6号前後〔フロロカーボン)約3m。
枝バリの位置ですが、トップの弓角から70cm前後離します
これで枝バリ付きでも絡みはほとんど無くなります。

以上、あくまでもクロエビスの偏見に基づきます。

〔枝バリの効果〕ソウダ・サゴシ・メッキはダブルの確率がかなり高いです。


by kuroebisu | 2008-11-04 16:59 | KODAWARI Sトロ

解かってきたこと

サーフトローリングを始めて間もないが、私的に解かってきたことがある。

その1・・・高速巻上げの際、弓角が海面上に飛び出すのを防ぐためリーダー(ハリス)は最低3m以上は取らなければならないこと。

その2・・・ジェット天秤やマウス(ネズミ)よりもL天秤(固定)の方が絡みがより少ないこと。L天秤は中層を狙うならシンカーに切り込みの入っているもの(ex.バトル・Lキャッチ・シャトル)、ボトム(底)を狙うなら切り込みの入っていないもの(ex.デルナー・海草固定)を使う。Lの角度を直角よりもう少し広げれば(100°ぐらい)絡みはほとんど無くなる。

その3・・・ヒットする時間帯が制限されること。満潮・干潮に関係なく、中潮or大潮の明け方or夕方。日中は曇りor小雨時以外ほとんどヒットしない。

その4・・・ナブラは当てにならない。かえって底に潜んでいるヤツの方がが良魚?良型が多い

その5・・・市販の弓角の針はちょっと開き過ぎ。軸と平行になるように調整すればバラシが少なくなる。(この項Blue Runnner参考)


by kuroebisu | 2008-10-09 00:02 | KODAWARI Sトロ

Sトロ鹿児島VERSION

a0107341_14335547.jpg
Sトロを本格的に始めてまだ半月程ですが、これまでに知り得た知識と実体験で「Sトロ鹿児島VERSION」を創作しました。鹿児島はヒラアジ(メッキ)が多いので、ヒラアジ用にリーダーの途中にサビキを1本付けてあります。もちろん弓角の方がヒラアジの反応も良いのですが、2尾一緒に釣ろうというセコイ魂胆です。
以下、あくまでもクロエビスの独断と偏見によるものです。参考程度に。

サーフトローリング鹿児島VERSION
TARGET イナダ・ネイゴ(カンパチ)・ヒラアジ・ソウダガツオ・サゴシ・・・・

(画像)→クリック拡大
1 弓角・・・自然条件(明け方・日中・夕方・天気・潮・地形・・・)によって使い分けをする。 
2 サビキ用アジ針・・・自作・市販・・・アジ針11号前後・カザリ付き。エダス4号前後 。弓角から50cm離す。
3 リーダー(ハリス)・・・6号前後のカーボンハリスを3m前後。→絡み解消
4 ジェット天秤・・・20~25号 底・宙層の良型が狙える。
5 マウス(ネズミ)・・・15~20号 トップ(表層)のヒラアジ主体。
6 ヒラアジ専用仕掛け・・・弓角は使わずサビキの3点仕掛け。(自作必要。絡み防止のため枝間を40cm以上取る。)

弓角の使い分け・タックルの選択・釣り方等はBlue Runnerをご覧あれ。


by kuroebisu | 2008-09-14 15:53 | KODAWARI Sトロ