ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

枝バリ

a0107341_23495232.jpg
お尋ねにお答え!
〔Sトロ編枝バリについて〕
枝バリは1本が限度です。それ以上は絡み易くなるし、複数匹掛かってもその処理に手間を取りせっかくの爆釣タイムを見過ごすことになります。
枝バリにはアジ針(11号前後)が良いようです。枝バリにも弓角を使う人を見ましたが、投げる度にほとんど絡み、釣りに集中できないようでした。
私の場合、キスの仕掛けの応用で、絡み防止パイプ(1.2mm)を3cm程使いモトス(リーダー)に絡まないようしています。ただ、作る時にコツがあります。パイプが垂れないようにリーダーのワッパの結び目を上向きにこき上げます。慣れたら簡単ですので試してみてください。
枝バリ自体は市販の青物又はアジ仕掛けのセットをバラシて使った方が手っ取り早く安上がりです。
画像は黄色がパイプです、モトスとエダスの角度が鋭角になるように(赤色)
エダスはホンテロン系の4号前後で8cm前後。リーダー6号前後〔フロロカーボン)約3m。
枝バリの位置ですが、トップの弓角から70cm前後離します
これで枝バリ付きでも絡みはほとんど無くなります。

以上、あくまでもクロエビスの偏見に基づきます。

〔枝バリの効果〕ソウダ・サゴシ・メッキはダブルの確率がかなり高いです。


by kuroebisu | 2008-11-04 16:59 | KODAWARI Sトロ
<< 最後の1尾? バチアタリ者。 >>