ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

解かってきたこと

サーフトローリングを始めて間もないが、私的に解かってきたことがある。

その1・・・高速巻上げの際、弓角が海面上に飛び出すのを防ぐためリーダー(ハリス)は最低3m以上は取らなければならないこと。

その2・・・ジェット天秤やマウス(ネズミ)よりもL天秤(固定)の方が絡みがより少ないこと。L天秤は中層を狙うならシンカーに切り込みの入っているもの(ex.バトル・Lキャッチ・シャトル)、ボトム(底)を狙うなら切り込みの入っていないもの(ex.デルナー・海草固定)を使う。Lの角度を直角よりもう少し広げれば(100°ぐらい)絡みはほとんど無くなる。

その3・・・ヒットする時間帯が制限されること。満潮・干潮に関係なく、中潮or大潮の明け方or夕方。日中は曇りor小雨時以外ほとんどヒットしない。

その4・・・ナブラは当てにならない。かえって底に潜んでいるヤツの方がが良魚?良型が多い

その5・・・市販の弓角の針はちょっと開き過ぎ。軸と平行になるように調整すればバラシが少なくなる。(この項Blue Runnner参考)


by kuroebisu | 2008-10-09 00:02 | KODAWARI Sトロ
<< 中潮の始まり 乱射 >>