ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

天秤考

a0107341_2243391.jpg初心者向けです。
天秤について
さまざまな形状の天秤がありますが、大きく二つに分かれます。

〇画像A:遊動天秤(海草天秤・・・)
キスが引いた分だけ仕掛けが引っ張られるのでアタリがダイレクトに伝わります。それゆえ喰い込みが良いので良型釣りには欠かせません。セットするのに手間がかかるのが短所です。
*しかし、画像は私のオリジナルですが、前もって画像のような仕込みを作っておくといつでもワンタッチでセット完了です。

〇画像B:固定天秤(デルナー天秤・・・)
形状がとてもシンプルなのでくよく飛び、トラブルがほとんどありません。それゆえ遠投しての数釣りにはもってこいです
アタリの感覚が遊動とはちょっと違いますが、慣れたら付いてるキスの数やサイズまでよめるようになります。短所はテンション頼みの仕掛けなのでたまにカケハズレがあります。
*対策として極細クッションゴムを挟むか、道糸のテンションを心もち緩めておきます。

使い分け
私の場合:ポツリポツリの時は海草天秤(遊動)、入れ喰いの時や多点(5本バリ以上)仕掛けの時はデルナー天秤(固定)を使っています。
3色以内の釣りだったら15~25号、4色以上の釣りだったら30号前後が目安かな。

画像下:ジェット天秤はポピュラーですが、実はキス釣りには不向きこの上ないです。使っているうちに心棒が曲がったり中に砂が噛んだりしてオモリがスムーズに移動しなくなり、アタリをキャッチしにくくなります。それに海底の地形や底ナガレで転がるので安定しません。ただ根ガカリしにくいという利点もありますが。

以上、あくまでもクロエビスの偏見です。


by kuroebisu | 2015-04-11 23:16 | KODAWARI キス
<< なんとかならんけ 天候次第 >>