ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

連釣り秘訣

a0107341_10263058.jpg

数釣り(連釣り)の秘訣

連(複数)釣りしなければ数はかせげない。
3回投げて10尾、10回投げて30尾・・・とこの時期からのキス釣りは連釣りがメインになります。
もちろん最も重要なことはキスの群れゾーンを探すこと。キスがいなきゃ話になりません。

秘訣1.群れゾーンを正確に把握しておくためにライン(ミチイト)にマーカーで20cmほどのマーキングをしておく。仕掛けは群れゾーンより20~30m沖に投入する。マーキングまでは通常サビキ、マーキングゾーンに入ったら静止5~10秒→ゆっくりハンドル半~1回転→静止5~10秒→ゆっくりハンドル半~1回転・・・・を波口まで繰り返す。最初の1尾が付いたらもっとこまめに静止3~5秒→ゆっくりハンドル半回転・・・を繰り返す。2尾・3尾・・と付いても動じずに(しゃくったりしない)、波口まで丁寧に巻き取る。
秘訣2ミチイトと仕掛けに始終テンションを保持する。そのためにはいくらチョイ投げでも20号以上のシンカーを使う。それ以下だとテンションがかかりにくく、底の流れに影響を受けたりかかったキスに振り回され連釣りの確率は遠のく。
秘訣3.効率良い連釣り仕掛けは6点まで。それ以上はハリハズシやエサ付けに時間がかかるし、モツレなどトラブルの確率が高くなる。(10点仕掛けも最終的には5点ぐらいになってしまう。)
秘訣4.ハリは早掛けの6号以下を使い、飲み込ませて極力バレを防ぐ。(飲み込んだハリのハズし方は簡単!このBLOGのカテゴリ「KODAWARIキス」にある。)

あくまでもクロエビススタイルです。試してみて下さい。

 
by kuroebisu | 2012-06-16 11:41 | KODAWARI キス
<< キープしてて良かったワイ 裏目 >>