ブログトップ

クロエビス薩摩半島独り占めBLOG

kuroebisu.exblog.jp

おらん

家を出る時すでに降っていたが(なんとか2キロクラスを・・・シーズンも終わってしまう・・・)と気合だけは入っていた。
現場に着くと数人がはりついていて(おらん、おらん、ナーンチャおらんよ。)と絶望的な悲鳴をあげていた。
それでも、(マグレでもいいから。)と・・・マキエを作り1回、2回、3回目を投入の頃から遠くの方でカミナリが鳴り出した。空はますますドンヨリし始めてそれまでのシトシト雨がどしゃ降りに変わった。
カミナリはだんだん近づいて来て、あっちこっちでイナビカリがパチパチ光るようになりメチャやばい雰囲気になった。
周囲の釣り人は命が惜しいみたいでさっさと消えてしまった。(←これが普通)
一人になったが、(そのうち収まるやろ。)とカミナリに見つからんように目立たんようにこっそりやっていると・・・
竿の真正面、硫黄島方向の沖の海面に稲妻というか火柱みたいなものが落ちた~!
「ゲェ~!コワ~!ヤバ~!逃げんとアカン!」道具はそのままで近くの建物の軒下に駆け込んだ。
カミナリが収まるまで待つこと1時間程。
「フッカツ~!」それから2時間ほど頑張ったが・・・・
おらん、おらん、ナーンチャおらんかった。
希なる最高の条件だったがウキが沈むどころかエサ盗りすら出て来んかった。


by kuroebisu | 2012-03-02 14:38
<< やめられない 春がキタ~! >>